■島村葬儀社 もしもの時にはまずお電話を。おまかせください。


 
先祖の精霊をお迎えして供養するというのがお盆の行事です。毎年八月(ところによっては七月)十三日に先祖の精霊を迎え(迎え火)、いろいろな飲食を施して供養したあと十五日ないし十六日に再びお墓にもどっていただく(送り火)、おかざりや、お供えに使ったものを川へ流す(精霊流し)という順序になります。
 
 
【精霊棚のおかざり】
[必要なもの]
棚、又は小さな机
真菰(稲に似た植物)の縄とゴザ(皮をはいだ麻の茎)ホオズキ、アワ、キキョウ、
山ユリ、ヒョウタンなど(お盆の時期は生花店で扱っております。)
ナス、キュウリ、サツマイモ、ブドウ、トウモロコシ、そうめん他、季節の初もの。
故人の好物
盆ちょうちん、灯篭、大内あんどん(デパート、仏具店で扱っております。)
ローソク立、香炉、花立て(ご家庭にあるもの)
※最近では必要な物が揃いにくくなってきたり、部屋のスペースに余裕がないというような理由から別個に精霊棚を作らず、仏壇の中におかざりやお供えをする家庭が増えているようです。しかし新盆の場合には、仏壇とは別個にていねいにおかざりしたいものです。
 
【飾り方】
まず四方にト篠竹を立てその下に棚を組みます。そうして真菰であんだゴザを敷きます。四方に立てた篠竹の上には真菰の縄をはり、篠竹の柱の下にはミソハギやガマの穂をつけます。これはこの中に先祖の精霊がこられるという「結界」、つまりしきりを作るためです。   次に真菰の縄にはそうめん、ホオズキ、アワ、キキョウ、山ユリ、ヒョウタンなどを吊します。そうそうして霊座と呼ばれる真菰のゴザのところには、位牌やローソク立て、香炉花立て、仏画などを配します。また、お供えものには蓮の葉に数滴の水をたらした「閼伽水」、ナスをサイノメに細かくきざみ清水で満たした器に洗米といっしょに入れた「水の子」と呼ばれるもの、ナスとキュウリにオガラをさして馬と牛を形どったもの、季節の初物、故人の好物などが一般的です。このうちナスの牛とキュウリの馬は、先祖の精霊が牛に荷をもたせ馬に乗って帰ってこられると考えられたところから起こったといわれます。お供え物としては、サツマイモ、ブドウ、トウモロコシ、そうめんをはじめ、その他季節の野菜や果物です。
※注:地域によって飾り方は多少異なります。また菩提寺のある方も異なる場合がありますので菩提寺にお尋ね下さい。
【お寺さん】
お寺さんの参っていただく日時は、あらかじめ連絡があると思います。   
お寺さんがこられたら、仏壇に灯明をともし、家にいる家族全員が仏壇の前に集まり、いっしょにお参りします。
お盆のお布施は、毎年するものですから、その家、その家によっていくら包むのかはっきりと決めておられるのがほとんどでしょう。
 
お布施の包みは、既成の不祝儀袋か半紙を折って、墨か黒包のインクで表に「御布施」と書きます。
 
「葬祭のマナー」の本をプレゼント致します。
お問い合わせフォームよりメール送信お願い致します。
 
Copyright(c)2005 shimamura sougisha